プロゲスタンとは生理前月経症候群や産後うつ等の治療薬です。

プロゲスタンとは生理前月経症候群や産後うつ等の治療薬です。

リピトールジェネリックの口コミ

プロゲスタンとはイギリスのKocak FARMA社が、製造・販売しているプロゲステロンを薬効成分とした治療薬です。女性ホルモンの一つであるプロゲステロンは妊娠に関わる黄体ホルモンで、子宮内膜や子宮筋の働きを調節したり、受精卵の着床を促す働きをしています。

 

他にも乳腺の発達や体内の水分量を保ったり、基礎体温を上昇させる働きもあるのでプロゲスタンは月経前症候群や産後うつ病の治療薬として使われるのです。プロゲスタンは内服薬として用いられますが、膣剤としても使用することができ、内服をする場合には月経周期の15日から26日目の間に、就寝前に200mgを服用します。プロゲスタンは1カプセルで100mgと200mgのものがあるので、100mgなら2カプセル、200mgであれば1カプセルを服用します。

 

 

プロゲスタンを通販最安値で購入するならここ

↓↓↓↓↓↓↓↓

>>最安値公式サイトでプロゲスタンを通販で買う<<

 

膣剤として使用する場合には、採卵日から最長10週の間1回で100mgを一日2〜3回膣内に投与する使い方です。服用するには医師や薬剤師へ相談することが大事で、乳房が腫れたり、むくんだり体重が増える等の副作用が出ることもありますが、プロゲスタンは女性のホルモンバランスを保つのに必要な、プロゲステロンが含まれているので、黄体ホルモンを補充し様々な症状を改善に導いてくれます。

 

プロゲスタンを通販で購入できます

プロゲスタンを通販で購入できます

プロゲスタンは通販での画像

生理前の不快な症状や、産後のうつの症状を改善したい方はプロゲスタンを服用することで症状が良くなることがあります。プロゲスタンは、黄体ホルモンが配合された薬ですので女性に不足している黄体ホルモンを補充してホルモンバランスを整える作用が期待できます。そんなプロゲスタンですが通販で購入可能です。

 

おすすめのオオサカ堂の通販を利用することで、ポイントも付与されますし全国で送料は無料しかも最安値です。通販ですと梱包が気になりますがプライバシーの配慮がされていますので、より安心して通販したいという方にもお勧めします。プロゲスタン製剤を服用することによって、PMSや産後うつの症状が改善されたという人は少なくありません。

 

その様子は、オオサカ堂の通販ウェブサイトのレビューの部分で知ることが出来ます。オオサカ堂の通販では、プロゲスタンをまとめ買いすることでよりお得に通販することが出来ますし、クレジットカードを使って通販購入することも可能ですので利用してみてはいかがでしょうか。

 

プロゲスタンは、内服薬ですが膣剤としても使うことが出来ますしそのほうが効果を実感できたというレビューも多く見られます。女性特有の様々な症状に悩んでいる、という方はオオサカ堂の通販ならホルモンを補充できる薬を最安値で購入することが出来るのが特徴です。

 

女性ホルモンのバランスを整えるプロゲスタンの値段

女性ホルモンのバランスを整えるプロゲスタンの値段

プロゲスタンは女性ホルモンのバランス調整

プロゲスタンは女性ホルモンのバランスを整えることを目的に開発された薬であり、月経前症候群や産後うつの治療に効果のある薬です。女性専用の薬であることから、男性が服用することはできません。プロゲスタンは内服薬と膣錠があり、服用方法が異なります。

 

内服薬の場合には、就寝時に置いて1日2カプセルの服用が認められています。月経前症候群の治療に用いられる薬であることから、月経周期を正確に把握した上で、15日目から26日目に服用することが推奨されています。他方、膣剤として使用する場合には排卵日から最長で10週間の間膣内に投与する必要があります。これは、1回につき1カプセルで1日に2回から3回の頻度で膣内に投与します。

 

プロゲスタンは比較的安価な薬であることから、通販で販売されている値段は1500円ととても安いです。女性の体というのは黄体ホルモンが不足することにより、様々な症状を引き起こすことが分かっています。月経前症候群をはじめ産後うつも黄体ホルモンのバランスが崩れて不足することで引き起こされる症状であることから、プロゲスタンを服用してホルモン治療を行なうことで、症状を緩和し、体調を整える効果を得られます。

 

プロゲスタンは個人輸入という名の通販で購入できる

プロゲスタンは個人輸入という名の通販で購入できる

プロゲスタンを個人輸入している画像

プロゲスタンは個人輸入で通販できますが、外国語は使わなくても注文できるので通常の通販と同じように利用できます。

 

プロゲスタンは海外からの取り寄せになり、パッケージや製品の説明書などの記載が外国語になっているので使い方が分からないように見えますが、これらは個人輸入代行サイトに日本語で掲載されているので安心です。

 

もし掲載されていない場合には適切なサイトではないので、価格が安くても利用しない方が良いでしょう。プロゲスタンを個人輸入するときには、騙されないように信頼できるサイトから通販で購入することが重要になります。薬によっては多くの偽物が見つかったという調査結果もあるので、それに該当しないものであっても注意した方が良いです。大手であれば運営実績が20年以上あって利用者も多く、大きな問題が起きていないので安心して利用できます。

 

また、自己責任で利用することになるので、副作用が出ないように使用方法は十分に確認して守るようにし、異常を感じたときには中止して医師に相談しに行きましょう。注文する際には税関で確認されたときに販売用と判断されることを避けるため大量に注文しない方が良く、配達先も企業の事務所は使わずに自宅や郵便局留めにします。

 

プロゲスタンを通販最安値で購入するならここ

↓↓↓↓↓↓↓↓

>>最安値公式サイトでプロゲスタンを通販で買う<<

 

プロゲスタンは不妊治療に効果がある

プロゲスタンは不妊治療に効果がある

プロゲスタンで不妊治療する女性

プロゲスタンは、生殖補助医療における黄体補充として主に不妊治療に効果があると言われています。ホルモン製剤の投与や採卵に伴う顆粒膜細胞の剥奪により黄体機能が低下し、不妊に繋がることがあります。

 

プロゲスタンは、ホルモン採卵日から最長で10週間まで膣内に投与することで黄体機能低下を防ぐことができます。

 

また、体内の成長因子やサイトカインなどを調整し膣の子宮内膜へ着床しやすくなる効果があり子宮内膜機能の改善に繋がります。今まで日本ではあまり知られていない治療方法でしたが、海外ではたくさんの方が使用しています。

 

このような海外での使用状況を考慮し、日本でも2009年に日本受精着床学会からプロゲスタンを開発する要請が出されました。プロゲスタンの使い方は、通常1日に2回か3回使用し昼間に使用しない方は就寝前に1回使用する場合もあります。指で直接入れることに抵抗がある方は、小さなビニール袋などを使用して膣の中に薬を入れても構いません。

 

プロゲスタンに何か問題がある時はすぐに使用を辞めて医師の指示に従って使用するように心がけてください。このようにプロゲスタンは、今まで不妊治療をしていたけれど効果がなかった人でも使うことができ適切に使うことが大切です。

 

プロゲスタンを服用したときにでるかもしれない副作用

プロゲスタンを服用したときにでるかもしれない副作用

プロゲスタンの副作用

プロゲスタンは黄体ホルモンを補充することで、月経などの悩みを解決できます。しかしプロゲスタンには副作用がでるかもしれませんから慎重に投与しなければいけません。副作用の中でも後遺症が残る可能性がある重大なものとしては、血栓症、うっ血心不全、ショック、乳頭水腫があります。

 

血栓症は血液の塊が出来て血管が塞がれるもので脳梗塞や心筋梗塞と言った形で出てきます。うっ血心不全も血液の流れが滞るということでは同じです。肺や全身に血液が滞り呼吸困難になったり、疲れやすくなります。

 

乳頭浮腫は何らかの原因で目の中にある視神経が腫れてしまうものです、視力の低下や失明がおき、頭痛や吐き気なども出てきます。視力の低下や失明は一時的なものですから、すぐに回復します。

 

深刻な状況にはならない副作用は、発疹やむくみ、食欲不振、吐き気、めまい月経異常などが出る可能性があります。もし何らかの異常がおきたときには、すぐに服用を中止して医師に相談をしましょう。

 

なお、妊婦や授乳中の母親の場合には、プロゲスタンの成分が子供にまで回ってしまう恐れがあります。性機能に異常がでることがありますから、服用しないほうがいいでしょう。

 

プロゲスタンの効果的な使い方とは?

プロゲスタンの効果的な使い方とは?

プロゲスタンの効果を感じる女性

薬効成分プロゲステロンを含有している「プロゲスタン」は、月経前症候群の緩和や改善・産後うつ病治療薬としての効果が期待できる内服薬です。

 

プロゲスタンは、卵巣の黄体から分泌されエストロゲンとともに排卵の制御に関わる神経内分泌へ作用し、子宮内膜の受精卵着床準備に重要な役割を果たす黄体ホルモンである「プロゲステロン」を含有しており、子宮内膜環境を充実・維持させ、受精卵の着床を促す効果や子宮筋の緊張をゆるめる作用、生殖補助医療における黄体補充といった作用を持ちます。

 

内服薬での使用が一般的ですが、膣錠で服用することも可能です。

 

内服薬としてのプロゲスタンの効果的な使い方は通常用量、月経周期の15日目から26日目において、就寝時に1日あたり2カプセル・約200ミリグラムを摂取します。

 

膣錠プロゲステロンとして使用する場合は、採卵日からから最長10週間の期間に、1回1カプセル・約100ミリグラムを1日2回、または3回腟内に投与します。

 

口コミで人気のプロゲスタン通販を使った感想

口コミで人気のプロゲスタン通販を使った感想

プロゲスタンの口コミ体験談

生理前のひどいPMSに長年悩んでいたのですが、ネット通販で評判の良いプロゲスタンを見つけて早速購入してみたところ、とても楽になりました。毎月生理の一週間くらい前から身体が重くなったり怒りっぽくなって、とてつもなく眠くなるといった症状がずっと続いていたのですがプロゲスタンをつかったらそれが無くなったので驚きです。

 

プロゲスタンは、日本国内では処方してもらえないですしネット通販の方が安いのでまとめ買いをしています。傾向でも良いのですが膣剤としても使えるというのを知ってから、膣剤として使うようになりましたがそのほうが調子が良いです。

 

PMSの辛さはなったことがある人にしかわからないと思いますが、本当に毎月の事なのでとてもつらかったのですがプロゲスタン通販をつかったらこんなに楽になるとは。口コミを見て購入してよかったと感じています。ネット通販のサイトで口コミが沢山あったのですが、良いレビューばかりだったのでそれを信じて買ってよかったです。

 

飲んでも膣剤でも良いというフレキシブルなところも優れていますし、どちらでも効果はありました。こんなに良い薬がなぜ国内で簡単に手に入らないのか、不思議ですし販売してほしいです。

 

なお、こちらはあくまでも個人の感想です。オオサカ堂の通販のサイトにも口コミが沢山掲載されています。気になる方はぜひみてくださいね。

 

プロゲスタンを通販最安値で購入するならここ

↓↓↓↓↓↓↓↓

>>最安値公式サイトでプロゲスタンを通販で買う<<

TOPへ